空前の自転車ブームの日本、通勤に使えば一石三鳥!

自転車ツーキニストなら、通勤しながら体を鍛えられる

都心の道路を颯爽と自転車ですり抜けるサラリーマンやOL。彼らのことを自転車ツーキニストと呼ぶそうです。

混雑した電車の通勤は乗った人にしかわからないつらさがありますよね。

そんな電車を横目にみて、最短距離で移動でき、しかも通勤中に体を鍛えられるなんて、一石三鳥です。

健康志向の強い人にはうれしいですよね。

しかも、交通費も節約できるとあれば、体力に自信のある人はやらない手はない!

ただし、自転車や自動車での通勤を認めていない企業もありますから、まずは確認することが肝心です。

さらに、仕事中に自転車を置いておく駐輪場の確保も、事前にしておきましょう。

また、交通量の激しい道路を走る時のルールやマナーはきちんと確認してください。

つねの交通事故に巻き込まれる危険をはらんでいることを、頭と体に叩き込んでおきましょう。

自分の持ち物を大切にできない人に、未来はない

そもそも、今、日本では自転車ブームが起きているって知っていましたか?

たしかに、首都圏のマンションやアパートの駐輪場はいっぱいですし、駅周辺は乗り捨てられた放置自転車であふれています。家族の人数分だけ自転車がある家庭も多いと聞きます。

需要がありますから、自転車の量販店や大手スーパーでは、オリジナルの廉価な自転車をバンバン売り出しています。

でも、その一方で、放置された自転車を行政が処分するために税金を使っています。

これはもったいない。

自転車は自分を運んでくれる大切な足のような存在です。もっと自分のものに愛着を持つことが大事です。これは人間としての生き方にも通じるのではないでしょうか。

自分の持ち物を大切にできない人に、未来はない。乗り捨てられた自転車は大切なことを教えてくれます。

名古屋の自転車のショップで扱われている店舗の特徴として、初心者から上級者まで用途に合わせたアイテムを選べることがあります。