知っておきたい!車券を安くする方法について

最も安いのはユーザー車検

車券を最も安くする方法は、ユーザー車検を行うことです。ユーザー車検では車検場に直接自分で車を持っていって車検を受ける方法です。書類作成から検査まですべて自分自身で行うため、法定費用のみで車検を通すことができます。ただし、車検場は平日しか運営されていないため、社会人の場合は、平日に休暇を取らなければならないでしょう。また、当然試験に合格する必要がありますので、試験に合格する程度に車を自分自身で整備をしなければなりません。

車検代行業者に頼むのも安く済む

車検代行業者では、必要最小限の車の点検を行い、必要のある部品のみを交換して車検場にて検査を代行してくれます。法定費用プラス1万円程度で車検が通せることが多いです。ただし、ディーラー車検などは次の車検まで車を安全に走らせるように整備してくれますが、車検代行業者ではその時の車検が通る程度にしか整備を行いませんので、日頃の車のメンテナンスは自分自身で行う必要があるでしょう。

ガソリンスタンド車検も安い

最近のガソリンスタンドでも安く車検を通してくれます。一通りの車の検査をしてくれますし、先を見越した部品交換を行ってくれますので、車検後も安心して車を運転することができます。ガソリンスタンド車検の場合は、法定費用プラス2万円から3万円程度の価格で車検を通すことができます。また、ガソリンスタンド車検では、土曜日や日曜日でも受け付けてくれますので便利なのも特徴です。

どこに頼むにしても値引き交渉は必要

最近は、ガソリンスタンドやカー用品店、フランチャイズ車検業者、車検代行業者など様々なところで車検を受け付けてくれますが、どこに頼むにしても相見積もりを取ることで値引き交渉をするのが賢明です。多くの場合は数万円の値引きが受けられます。

エネオスで車検をすると、国家資格を有したプロによる検査が受けられます。車に詳しくないという人や免許を取得したばかりの人も、安心です。