車検を受ける場合に知っておきたいそれぞれの種類とは

車検を業者に任せる場合

車検は、新車であれば3年に一回、それ以降は2年に一回受けなければなりません。車検を受ける場合には、新車の場合はディーラーで受ける人が多いですが、町の自動車工場やガソリンスタンド、カー用品店でも受けることが出来ます。それぞれの違いですが、ディーラーは特定の会社の車しか車検を受け付けてくれませんが、その代わり専門的な車検を受けることが可能になります。町の自動車工場は、多くの車のメーカーの車検をすることが可能ですが、電気自動車などを苦手としているところもあります。ガソリンスタンドやカー用品店は、自動車の専門性ではディーラーや町の自動車整備工場には劣りますが、費用が安いのが特徴になります。

それぞれ、お店や工場に車を持っていけば車検が始まります。自分で用意するする書類はそれほど多くありませんので安心です。

ユーザー車検を利用する場合のポイント

車検は費用が高いですが、それをできるだけ安くするためにはユーザー車検を利用する方法があります。ユーザー車検とは、お店や工場に任せるわけではなく、自分で最寄りの陸運局まで行って車検をしてもらうことです。ユーザー車検は書類をすべて自分でそろえなければならないため少々面倒臭いです。ただし、その分費用が安くなり、例えばディーラーと比べた場合でも3万円ぐらいは安くすることが可能です。

費用が安くなるということでユーザー車検をしたいと思う人もいるかもしれませんが、基本的に陸運局は平日昼間しか受け付けていませんので、注意をする必要があります。

車検を軽自動車で申し込みたいなら、情報収集を念入りに行いましょう。車検を受け付けている業者を見比べて、費用や納期について確かめることが大事です。見積もりは無料ですから安心です。