こんなに違う?グランドピアノとアップライトの特徴と相違点

ハンマー・内部構造の違い

グランドピアノとアップライトピアノの違いといえば、まず「大きさ」が浮かぶことと思います。しかし、単純に楽器が大きいだけが違いを生んでいるのではありません。グランドピアノは弦が横に、アップライトピアノは弦とハンマーが縦に並んでいます。グランドピアノは鍵盤を押すと、中のハンマーが押し上げられ、弦を下から叩きます。その時、ハンマーが自然に戻るため連打にも対応できる、素早い反応速度を持ちます。しかし、アップライトの場合、両方が縦になっていて、さらにハンマーもグランドのように自然に戻るのではなく、スプリングで強引に戻す構造であるため、連打の反応速度に対して鈍いという欠点があります。

ペダルの持つ機能も異なる

アップライトもグランドピアノも、足下には3つペダルが並んでいます。両方とも一番右側はサステインペダルといって、音を伸ばす機能です。しかし、グランドピアノは音色を調節したり、特定の音だけ伸ばしたりと演奏の表現のために機能が割り振られているのに対して、アップライトの左側・真ん中のペダルは、消音機能やハイを落とす機能であったりと、「騒音対策に必要な機能」が備わっています。よく、音楽大学を目指す生徒に対して、「早いうちにグランドピアノを導入しなさい」と言われるのは、こういった特徴の違いがあるからです。グランドピアノはより多彩で、繊細な表現をするために作られているのに対して、アップライトは住宅事情を考慮したコンパクトな作りであるのが特徴です。

スタインウェイの機能性は、製造年月日や素材などによって大きな差がありますが、購入時には試奏をすることが有効です。