細かい部分も丁寧に!オーボエのメンテナンス方法について

水分をしっかり除去していく

オーボエのメンテナンス方法において基本となるのが、水分をしっかり除去することなんです。水分が残ったまま放置してしまうと、ひびや割れの原因になってしまいます。オーボエの演奏が終わったら、速やかに分解して水分を除去しましょう。

一番水分が溜まりやすいのがジョイント部なので、ガーゼなどを使って入念に水分を拭き取って下さい。管体の内部は、クリーニングスワブや羽根で優しく水分を取っていくと安心ですね。

汚れが溜まりやすいタンポは、クリーニングペーパーを使って掃除していきましょう。ベタつきが残りやすい部分なので、隅々まで丁寧に拭いていくのがコツですよ。

カチカチ音がするときはオイルを差しておく

オーボエのキーはメンテナンスが不十分だと、指紋や汗によって変色やくすみが出てしまうこともあるんです。キーは柔らかいクリーニングクロスなどで、優しく拭き取っていけば問題ありません。

キーからカチカチ音がするときは、軸受部分にオイルをほんの少し差してみて下さい。オイルを差しすぎるとサビの原因になってしまうので、表面までオイルがついたときはしっかり拭き取っておきましょう。

リードは水に半分浸けてから、小さい羽根を使って汚れを取り除いていきます。掃除が終わったら、忘れずにリードケースへしまっておいて下さい。

オーボエのひびや割れを放置したまま使っていると、状態も段々悪くなってしまいます。ひびや割れを見つけたら、なるべく早めに楽器店で修理してもらうようにしましょう。

オーボエはダブルリードで演奏する木管楽器です。世界で一番難しい木管楽器として、ギネスブックに登録されています。