車検を受けよう!時期を考えて準備するのが大切

知っておきたい車検を受けられる時期

車検を通っていなければ公道を運転することはできないのが日本のしくみであり、有効な自動車検査証を貼ってある状態を維持しなければなりません。期限が近づいてきたときには車検を受けなければなりませんが、その時期は有効期間の満了日の一ヶ月前からとなっています。そのため、早めに車検を受けてしまっても何も問題はありません。車検の満了日が4月30日だった場合には、自家用の普通車であればその二年後の4月30日までの有効期間の自動車検査証が手に入る仕組みになっているからです。早めに受けて損はないということを覚えておくと良いでしょう。

車検を行うのは計画性が大切

車検はディーラーなどの業者に任せて行ってもらうのが一般的ですが、計画性を持っていないと苦労してしまったり損をしてしまったりすることになりかねません。車検はディーラーなどに持って行ってその場で行ってもらえるものではないのが原則であり、予約をして受けることになるからです。繁忙期になっていると予約が取れずに一ヶ月先になってしまう場合もあります。有効期間が切れそうになってから車検を受けようとすると、他の場所で行ってもらおうと必死になって探さなければならなくなってしまうこともあるので注意しましょう。また、業者によっては早めに車検の予約をすることによって割引サービスがあったり、オイル交換を無料で行ってくれたりすることがあります。その点でも早めに車検を行う日を決めて予約してしまうことにメリットがあるのです。

車検の費用には法律で定められた料金がありますので、必ず一定以上の費用になります。しかし、工賃などで最終的な費用は上下します。